【アイルランド】ダブリンでビール三昧~🍺🍺🍺 ギネスストアハウスと工場見学

アイルランド・ダブリンのギネスビール工場見学

ギネスは、ダブリン発祥のビール醸造会社。1759年に創業者アーサー・ギネスが、当時使われていなかった「セント・ジェームズ・ゲート醸造所」を9,000年契約⁉︎ で借りてスタートさせた会社なのだそうです。

ギネスビールは、黒スタウトという種類のビール。バランスの良い甘さと苦さ、コーヒーやチョコレートのような香ばしさ、クリーミーでまろやかな口触り。ギネスの黒ビールは大成功を収め、世界中で楽しまれるようになりました。

2000年に、セント・ジェームス・ゲート醸造所が改装され、ギネスストアハウスがオープン。

ギネス博物館、ビールテイスティングやレストラン、ギネスショップなどが集まったアトラクション施設として、ダブリンでは大人気の観光名所となっていますので、紹介してみようと思います。

1. ギネスストアハウス基本情報

ダブリン市内にあるギネスストアハウス。
ギネスストアハウスHP
地図

古いビール工場の雰囲気と、モダンなデザインが融合した不思議な空間。

建物は7階建て。1階で受付を済ませたら、1階ずつ上に登りながら見学し、最上階でビールを飲んで終了♪ という流れです。

2. 展示物

入場してすぐの階には、ギネスの歴史、ギネスビールの原料や作り方などの展示。

黒くなるまでローストした大麦を原料にすることで、黒いビールが出来上がるのですが、232℃の温度でローストするのがギネスの味を作る秘訣なのだとか。

上階にはギネスの広告の歴史。マスコットやキャラクターグッズが展示してあります。

3. テイスティングルーム

2階だったかな。テイスティングルームがあります。

実際にギネスビールを飲ませてもらえて、ギネスの味や香りの特徴や、味わい方などを教えてもらえます。

ギネスは「黒ビール」で有名ですが、ギネス社曰く、厳密には黒色ではなく「濃いルビー色」なのだそうです。グラスを傾けて見てみると、確かにそんな気もする....。

4. ギネス・アカデミー

4階のギネスアカデミーでは、ギネスビールの美味しい注ぎ方を教えてもらえます。
正しいギネスの注ぎ方 (youtube)

ダブリン市内でギネスビールを取り扱っているバーやパブには、正しい注ぎ方でお客様にギネスビールを提供しているかどうか、ギネス社から定期的にチェックが入るのだそうです。

その品質管理のおかげで、ダブリン市内のパブで飲むギネスは、特に美味しいという噂。

先生の指導のもと、実際に自分のビールを注ぎます。

私たちが注いだビール♡

5. レストラン

5階には、レストランがいくつか入っています。

先ほど自分で注いだビールは、ここで飲んでもよし。

6. グラビティー・バー

最上階には、ダブリンの街を一望できる「Gravity Bar」があります。写真がなくてすみません。Youtubeかバーチャルツアーを参考にしてみてください。
YouTube
バーチャルツアー

7. ギフトショップ

ビールを飲み終わったら、一階にあるギフトショップへ。

かわいいオリジナルグッズがたくさんあって、アイルランドのお土産選びにもおすすめです ♪

今回夫はお留守番だったので、夫と夫の飲み友達のジョンさんのお土産に、ビールグラスを買うことに。

いろんなビールグラスが売ってるのですが、好きなグラスを選んで、名前を彫ってくれるサービスがあります。

↓↓↓↓ ジョンさんの名前入りグラス ♪

8. おわりに

今回の記事では、ダブリンの観光名所「ギネス・ストアハウス」を紹介して見ました。

ビールに関する知識と教養を深めた後、ギネスビールの試飲により学んだ事は全て忘れてしまえる、素晴らしく楽しい博物館です。

とても人気で混んでいるので、ホームページから時間を指定して予約して行くのがおすすめ。チケットはいくつか種類があります

尚、この記事で紹介したギネスストアハウスは、博物館・ショップ・レストランで構成されたアトラクション的な施設です。実際ビールが作られている醸造所をご覧になりたい方は、ギネスストアハウスへの入場とは別にツアーを予約しなければならないようなので、ご注意を。
ギネスストアハウスHP
ギネスストアハウス地図
醸造所見学ツアー