【アメリカ】Napa Valley Wine Train ♪~ナパのワイン列車と予約方法~

カリフォルニア州・ナパバレー。列車でお食事ができる、ワイントレイン。(Napa Valley Wine Train)

世界的にも有名なワインの産地、カリフォルニア州のナパ。

ナパのブドウ畑を眺めながらお食事のできる、ワイン列車に乗ってみましたので紹介してみようと思います。

列車に乗ってお食事をするだけのプランもありますが、私たちが選んだのは「列車での食事+2つのワイナリーの見学」というプラン。

列車でお食事するだけでも楽しいのに、ワイナリーでのワインテイスティングやワイン作りの見学もできて、すごく充実した日帰りツアーでした。レビューや口コミも高評価のおすすめツアーです。

記事の最後に、ワイン列車の予約サイトや日本語のツアーの情報もシェアしているので参考になればと思います。


1. ワイン・トレインの駅

ワイン・トレインの駅は、ナパのダウンタウンにあります。
ワイン列車ホームページ
駅の地図

カリフォルニア州・ナパのワイン列車の駅。(ナパバレー・ワイン・トレイン)
ナパにあるワイン列車の駅

ワイン列車は「ナパのダウンタウン」⇔「St.Helena」間を往復しています。往復の距離は約60キロで、所要時間は約3時間。

ナパ・ワイン・トレインのマップ(ワイン列車の地図)
列車のルート沿いのワイナリー

線路沿いにはブドウ畑が広がり、無数のワイナリーがあります。往復乗って帰ってくる人もいれば、途中の街で降りてワイナリーツアーに参加する人たちもいます。
ワイン・トレインのルートと線路沿いのワイナリー

駅に着いたら、カウンターでチェックインをして、待合所で出発を待ちます。

カリフォルニア州・ナパのワイン列車の駅。チェックインカウンター。(ナパバレー・ワイン・トレイン)
カウンターでチェックイン

待合室にはワインで一杯できるような、バーみたいなところもあります。

カリフォルニア州・ナパのワイン列車の駅。待合所。(ナパバレー・ワイン・トレイン)
待合室
カリフォルニア州・ナパのワイン列車の駅。待合所。(ナパバレー・ワイン・トレイン)
ワインバー

駅には、ワインショップや鉄道ショップもあります。

カリフォルニア州・ナパのワイン列車の駅。(ナパバレー・ワイン・トレイン)ワインショップ。
ワインショップ
カリフォルニア州・ナパのワイン列車の駅。鉄道ショップ。(ナパバレー・ワイン・トレイン)
鉄道ショップ

出発の時間になったので、いよいよ列車に乗り込みま〜す♪

カリフォルニア州・ナパのワイン列車の駅。搭乗口。(ナパバレー・ワイン・トレイン)

各車両には、専属のサーバーの人が出迎えてくれます。食事の注文をとってくれたり、ツアーの日程について説明してくれます。

カリフォルニア州・ナパのワイン列車。乗車。(ナパバレー・ワイン・トレイン)

2. 列車のようす

車両と車窓からの風景

車両の種類はいろいろ選べます。お食事専用の車両には、「ビスタドーム・展望車両」と、「グルメ車両」があります。「お料理はいらないけど、お酒だけ飲みたい」という方などは、ラウンジ席(ソファー席)になっている車両も予約できるみたいでした。

今回は「ビスタ・ドーム」という展望車両を予約しました。天井がガラス張りのドーム状になっていて、普通の車両よりも外が良く見える車両です。

カリフォルニア州・ナパのワイン列車。ビスタドーム・展望席。(ナパバレー・ワイン・トレイン)
ビスタドームの車両の中
カリフォルニア州・ナパのワイン列車。ビスタドーム展望席。(ナパバレー・ワイン・トレイン)
景色がよく見える大きい窓

出発して街中を過ぎると、窓の外には美しいブドウ畑の風景が。

カリフォルニア州・ナパのワイン列車。車窓からの眺め。(ナパバレー・ワイン・トレイン)
車窓から見えるブドウ畑
カリフォルニア州・ナパのワイン列車。車窓から眺めるブドウ畑。(ナパバレー・ワイン・トレイン)
カリフォルニア州・ナパのワイン列車。車窓から眺めるブドウ畑。(ナパバレー・ワイン・トレイン)

はじめは、2人用の小さいテーブルに案内されたんですが、「4人用のテーブルが空いているからいかが?」と、途中から移動させてくれました。相席になることがあるのかどうかはわかりませんでした。

よさげなレストランみたいに見えますが、ドレスコードはスマートカジュアル。オシャレな雰囲気を楽しみに来る方もいるので、汚い服とかはやめたほうがいいですが、格式張っていなくてカジュアルな雰囲気でした。

お料理とワイン

お料理のメニューです。

カリフォルニア州・ナパのワイン列車。食事メニュー。(ナパバレー・ワイン・トレイン)

コース料理で、あらかじめメニューはいくつかに絞られています。First から1品、Second から1品、Main から1品、Sweet (デザート)から1品という感じで4品選びます。

ナパ・ワイン・トレインのお料理メニュー

今回のランチのお料理はこんな感じでした。

カリフォルニア州・ナパのワイン列車。料理。(ナパバレー・ワイン・トレイン)

もちろん、ナパワインを揃えたワインリストもあります。メニュー左の「WINE FLIGHTS」というのは、いくつかのワインを飲み比べられるプランです。

カリフォルニア州・ナパのワイン列車。ワインリスト。(ナパバレー・ワイン・トレイン)
カリフォルニア州・ナパのワイン列車。ワインメニュー。(ナパバレー・ワイン・トレイン)

ワイン列車の料金に含まれるのは、お料理とウェルカム・シャンパンのみ。ワインやドリンクは別料金です。

ビールやカクテルなど他のアルコールもありますし、ソフトドリンクもあります。

ナパワインを飲んでみたいのは山々でしたが、この後ワイナリーを2件を巡ってワインテイスティングしないといけないので、私たちは水で我慢....。

St. Helena で下車

私たちはワイナリー見学に参加するため、ナパバレーの北にある「St. Helena 」という街で列車を降りました。

降りる時に、他の車両も少し見ることができました。

カリフォルニア州・ナパのワイン列車。車両。(ナパバレー・ワイン・トレイン)
グルメ車両
(Gourmet Express)
カリフォルニア州・ナパのワイン列車。厨房。(ナパバレー・ワイン・トレイン)
厨房
カリフォルニア州・ナパのワイン列車。(ナパバレー・ワイン・トレイン)

3. ワイナリー見学

列車を降りた後は、待機していてくれたシャトルに乗って、ワイナリー見学。同じプランを予約した人たちと一緒に、10人くらいのグループで移動・見学をしました。

カリフォルニア州・ナパのワイン列車。送迎車・シャトル。(ナパバレー・ワイン・トレイン)
ワイナリーツアーのシャトル

今回見学したワイナリーは、① Charles Krug Winery と、② Raymond Vineyards の2件です。

「Charles Krug」は、ナパで一番古くて歴史のある、クラシックなワイナリー。それに対して、「Raymond」はいろんなスタイルでワインを楽しんでもらおうとしている斬新でモダンな雰囲気のワイナリーです。

ちなみに、「Winery(ワイナリー)=ワインをつくる施設」、「Vineyard (ヴィンヤード)=ブドウ畑」という意味があります。

今回行った2件は、ワイナリーとブドウ畑の両方持っていますし、ワインテイスティング(試飲)も行っています。

① Charles Krug Winery
チャールズ・クリュッグ・ワイナリー

Charles Krug Winery(チャールズ・クリュッグ)ワイナリーツアー。

まず一件目の「チャールズ・クリュッグ・ワイナリー 」」です。
ホームページ
地図

1861年に、ドイツからの移民だった「Charles Krug」が創立したナパ最古のワイナリーです。1943年にワイナリーは買い取られ、現在は「Mondavi family(モンダヴィ家)」 が経営を行っています。

「まずは一杯どうぞ」と赤ワインで歓迎され、ブドウ畑へと案内されました。良いお天気に緑のブドウ畑が映えて、すごくきれいでした~。

Charles Krug Winery(チャールズ・クリュッグ)ワイナリーツアー。ブドウ畑の見学。

ワインを片手に、ブドウ畑でワイン造りの説明を聞きます。

Charles Krug Winery(チャールズ・クリュッグ)ワイナリーツアー。ブドウ畑の見学。
Charles Krug Winery(チャールズ・クリュッグ)ワイナリーツアー。ブドウ畑と赤ワイン。

次は室内へ。ワインボトルで飾られた入り口。

Charles Krug Winery(チャールズ・クリュッグ)ワイナリーツアー。

ここでは、赤ワインとチーズをいただき、ワイン工場見学。

Charles Krug Winery(チャールズ・クリュッグ)ワイナリーツアー。ワインテイスティング(試飲)。

ワイン樽がきれい~。

Charles Krug Winery(チャールズ・クリュッグ)ワイナリー見学。
Charles Krug Winery(チャールズ・クリュッグ)ワイナリーツアー。

テイスティングルームやショップエリアに案内され、ツアー終了です。

ワイナリーツアーではなくて、テイスティングやダイニングのみ希望の方も、このエリアで楽しめます。

Charles Krug Winery(チャールズ・クリュッグ)ワイナリーツアー。
ダイニングエリア
Charles Krug Winery(チャールズ・クリュッグ)ワイナリーツアー。テイスティングルーム。
テイスティングルームのひとつ
Charles Krug Winery(チャールズ・クリュッグ)ワイナリーツアー。ワインショップ。
ワインクラブ入会のカウンター

② Raymond Vineyards
レイモンド・ヴィンヤーズ

Raymond Vineyards(レイモンド・ヴィンヤード)。ワイナリー見学。

2件目は、1970年創業の老舗「レイモンド・ヴィンヤーズ」。1933年にナパに定住したレイモンド家によってつくられたワイナリーです。ここは、とっても楽しいワイナリーでした!
ホームページ
地図

2009年からは、フランス人の Jean-Charles Boisset さんがオーナーとなり、斬新でモダンな企画をたくさん行っているワイナリーです。彼のご実家、Boisset 家はフランスでワインビジネスを行っている一族だそうです。

まずは、オシャレな案内役の方に案内され、「Theater of Nature (自然の劇場)」へ。ブドウづくりの説明を受けます。

Raymond Vineyards(レイモンド・ヴィンヤード)。ワイナリー見学。自然の劇場。
Theater of Nature

このワイナリーは、ワインの有機栽培(オーガニック栽培)に力を入れているそう。雑草駆除は農薬を使わずに、このヤギさんたちが食べてくれるんだそうです!

Raymond Vineyards(レイモンド・ヴィンヤード)。ワイナリー見学。オーガニックのワイン栽培。

それから、野外に「Frenchie Winery(フレンチー・ワイナリー)」という名前の、ナパ初の犬のワイナリーがあります!
Frenchie Winery ホームページ

ナパの FrenchieFWwinery(フレンチー・ワイナリー)。犬と動物に捧げるワイナリー。

ウェブサイトによると、Frienchie は、オーナーの Boisset 氏が奥さんにプレゼントした犬の名前。「動物も一緒にワイナリーを楽しめるように」というコンセプトで作られたテイスティングルームなんだそうです。

Frenchie のワインもあります。

ナパの FrenchieFWwinery(フレンチー・ワイナリー)。犬と動物に捧げるワイナリー。

この日のドッグ・ワイナリーでのワインテイスティングには、猫も参加しておりました。

ナパの FrenchieFWwinery(フレンチー・ワイナリー)。犬と動物に捧げるワイナリー。
ネコ参加のワインテイスティング
Raymond Vineyards(レイモンド・ヴィンヤード)。ワイナリー見学。猫が参加するワインテイスティング。
ネコばっかり気になる

こちらは、「 Crystal Cellar (クリスタル・セラー)」というテイスティングルーム。ワインの貯蔵室をテイスティングルームにしているんですが、ナイトクラブみたいでおもしろいのです。

Raymond Vineyards(レイモンド・ヴィンヤード)。ワイナリー見学。クリスタルセラー。
Crystal Cellar Tasting Room

クリスタル・セラーには、試飲の他にも、バカラ・クリスタルのデキャンタのコレクションがあったり、天井にはキラキラのバカラのシャンデリアが。すごくきれいでした。

Raymond Vineyards(レイモンド・ヴィンヤード)。ワイナリー見学。バカラのシャンデリア。
バカラのシャンデリア

それから、おもしろかったのは、こちら。ワインのアロマ体験ができるセクション。

Raymond Vineyards(レイモンド・ヴィンヤード)。ワイナリー見学。ワインのアロマ体験。

ワインの香りを表現してみようと言われても、初心者の私にはなかなかわからないんです。リンゴやベリーなどのフルーツから、バラやスミレなどの植物、キノコや土の香り.... いろいろあります。ここでは実際に香りを体験できて勉強になりました。

Raymond Vineyards(レイモンド・ヴィンヤード)。ワイナリー見学。ワインのアロマ体験。
ハチミツとグレープフルーツの香り

ワイナリー見学の後は、シャトルでナパのダウンタウンの駅まで送ってもらい、ツアー終了です。

4. 予約方法・おすすめのツアー

ナパのダウンタウンは、サンフランシスコから車で1時間30分くらい北に行ったところにあります。サンフランシスコ圏内に来られることがあれば、少し足を延ばしても参加してみたいツアーだなと思いました。

ワイン列車には、下のようにいろいろなオプションがありますので、旅行プランにあうものが見つかればよいなと思います。

  • お食事のみ
  • 食事ワイナリー見学
  • 展望車両(Vista Dome)
  • グルメ車両Gourmet Express )
  • ナパの駅発 vs サンフランシスコ発
  • 日本語 vs 英語

↓↓↓ ワイン列車の予約ができるサイトを4つ紹介します。

① Napa Valley Wine Train ホームページ

ワイン列車のホームページから直接予約することができます。「お食事のみ」の予約はもちろん、「お食事+ワイナリーツアー」のプランもあります。
プラン一覧

ナパのダウンタウンの駅に集合して、同じ駅に戻ってくるツアーですが、予約時にサンフランシスコからの送迎も追加することができるようです。

英語サイトなので、予約は英語のみですが、予約の過程で「日本語ツアー」をリクエストすることができるみたいです。「できる限り対応する」とのことなので、日本語確約かどうかは謎です。

②トリップアドバイザー

トリップアドバイザーのサイトからは、英語・日本語の両方で予約が可能です。ツアー自体は、英語、日本語、スペイン語、ロシア語から選べるようです。

「お食事のみ」、「お食事+ワイナリーツアー」 、「サンフランシスコ発ツアー」などがあります。

▶ ワイン・トレインツアーの一覧
トリップアドバイザー (日本語ツアー)
tripadvisor (English Tours)

▶ 展望車(ビスタドーム)での食事ツアー
展望車お食事ツアー(日本語)
Vista Dome Lunch Tour (English)

英語のサイトの方が、ツアー内容の説明が若干詳しい気がします。

③ Veltra (ベルトラ)

日本のオプショナルツアーの大手、ベルトラさんのツアーです。日本語予約の他、何かあったら日本語でサポートしてもらえるのでお勧めです。ワイン列車のツアーは、サンフランシスコ発のツアーのみしかないようです。

▶ ベルトラさんのツアー
Vista Dome 展望車で食事+ワイナリー見学
ワイン・トレイン・ツアーの一覧

④ その他のツアー

展望車(ビスタドーム)のお食事ツアー
JTB ビスタドームでお食事ツアー

▶ ワイン列車以外のナパのワインツアー

5. おわりに

美しいブドウ畑を眺めながら列車でお食事するだけでもすごく楽しいですが、ワイナリー見学やワイン・テイスティングにも連れて行ってもらえて、とても充実した一日でした。

今回は、Charles Krug Wineryと Raymond Vineyards の2件のワイナリーを紹介しましたが、ナパには他にも有名なワイナリーがたくさんあります。次回の記事では、ナパの他のワイナリーも紹介してみようと思います。お楽しみに♪