【メキシコ】サンホセ・デル・カボ観光①:オールインクルーシブホテルで無料のバカンス~♡

【ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス】
ロスカボスのホテルレビュー

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。メキシコのオールインクルーシブのリゾートホテル。

今回メキシコ旅行に来たのは、冬なので暖かいところに行きたい...というのもあったのですが、一番の理由は、ハイアットクレジットカードの無料宿泊ポイントの有効期限が切れそうだったからなんです。

このクレジットカード、年会費75ドルなんですが、入会時に、3泊分ほど無料になるボーナスポイントが付いてくるんです!これは入会しない手はないと思って申し込んで、しばらくポイントを使うのを忘れておりました。
アメリカ在住でよく旅行される方には、とってもお勧めのカードです。
→ ハイアットクレジットカード

メキシコのリゾート地に一度行ってみたいなぁと思っていたので、ポイントを使えるホテルを探していたら、"Hyatt Ziva Los Cabos" というゴージャスなリゾートホテルがヒット。通常は1泊300~400ドルするみたいですが、ポイントを使って無料で2泊できることに!話が良すぎるので、ほんとかなぁ~と半信半疑でしたが、ちゃんと泊まれました。

しかも、こちらのホテルは「オールインクルーシブ」。オールインクルーシブというのは、 カンクンなどのメキシコのリゾートホテルに多い宿泊プランなんですが、宿泊料金に、ホテル施設内の食事やドリンク、プールやジムなどの施設、アクティビティーなどの料金がすべて含まれていて、宿泊中にお財布を気にせずに過ごすことができるものです。ようするに、滞在中はホテル内のレストランで飲み放題・食べ放題なわけです。

ということで、今回ハイアットには、無料で宿泊、飲み放題・食べ放題させていただいたので、お礼も兼ねて "Hyatt Ziva Los Cabos" のレビューをシェアしたいと思います。


1. Hyatt Ziva Los Cabos 概要
ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボスの施設。プールサイド。

ロス・カボス」 地区には、「カボ・サン・ルーカス」と 「サンホセ・デル・カボ」という2つの大きな街があり、この2つの街の周りに、リゾートホテルや観光スポットが集まっています。ハイアット・ジーヴァは、「サンホセ・デル・カボ」のビーチ沿いにあるリゾートホテルです。ロス・カボス国際空港からは、南へ車で20分。
☛ロス・カボス国際空港からホテルまでの地図

私たちは空港でレンタカーを借りたので、ドライブして行きました。ホテルの駐車場は無料。事前にホテルに連絡しておくと、追加料金で空港からの送迎も手配できるようです。

オプショナルツアー大手のベルトラさんから、送迎プランも出ています。空港でタクシーなどの客引きに襲われたくなければ、事前に手配しておくのも良いかもしれません。
Veltra: 空港-ホテル送迎プラン

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボスの施設。プールサイド。

どのホテル予約サイトでも、最高のレビューを獲得しているホテルで、素晴らしい施設とサービスです。 2007年にオープンということなので、部屋や施設は新しく、きれいです。プールや、ビーチもステキでした。

スタッフの人は、とてもフレンドリーで親切。英語は普通に通じます。

宿泊料金やレビューなどの詳細情報は以下のリンクを参考にしてください。
ハイアットのウェブページ
地図
トリップアドバイザー
Expedia
Hotels.com
agoda

2. ホテルの施設

ホテルの様子を少し紹介してみます。

ロビー付近

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボスの施設。ロビー。

プールサイドやビーチを見渡せる、開放的なロビーエリア。海からのそよ風が心地よいです。特に、早朝の日の出前はすごく綺麗で、早起きして散歩に出かけたくなります。

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボスの施設。ロビーのクリスマスデコレーション。

クリスマス直前だったので、ロビーのデコレーションがきれいでした。

プールサイド

真っ青なプールとカボの青空。リゾート感抜群です。一日中何もしないで、ここで昼寝したい気分。 プール周辺の管理も行き届いていて、とても清潔でした。

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボスの施設。リゾート感たっぷりのプールサイド。

スタッフの方がコマメに行き来しているので、何か必要な場合は、親切に対応してくれます。

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボスの施設。キッズも楽しめるプール。

キッズ用の浮輪なども、プールサイドで無料で借りれるようでしたよ。

いいお部屋だと、寝室からプールにアクセスできるみたいです。

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボスの施設。寝室からアクセスできるプール。
ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボスの施設。プールサイド。

ビーチ

ホテルの目の前はビーチです。波が高かったのか、水が冷たいのか、泳いでいる人は見かけませんでした。とても綺麗なビーチなので、私たちは浜辺を散歩をして楽しみました。釣りをしている人もたくさんいました。

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボスの施設。ホテルの前のビーチ。
ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボスの施設。ホテルの前のビーチで釣りをする人。

3. 客室

客室は広くてゆったり。 高級感がありつつモダンな感じのデザインです。「大きなバスタブ+タブにジェット付き」だったのは、個人的にかなりポイント高し◎。

言うまでもなく、洗面用具などをはじめ、アメニティーはすべて揃っておりますので、全く心配する必要はありません。

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。モダンな寝室。
ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。浴室とジャグジー。

バルコニーも付いています。そよ風が心地よかったので、一日中窓は開けっぱなしで過ごしました。

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。寝室から見えるプールサイド。
ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。寝室。
ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。寝室からの眺め。

4. ホテル内のレストラン

私たちは、メキシコのリゾートが初めてだったので、オールインクルーシブには感激!

ホテルの中には、レストランが7つもある他、バー、カフェ、ビーチサイドバー、テキーラバー、24時間オープンのスナックバーなど、様々なフードオプションがあるのですが、ホテル内はどこでも食べ放題、飲み放題です。
ホテルのレストランのページ

こちらは、初日のディナーで行った、フランス料理のレストラン。

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。フランス料理のレストラン。
ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。フランス料理のレストラン。

こちらは2日目のディナー。スペイン料理のレストランです。イカ墨パエリア食べました!

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。スペイン料理のレストラン。
ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。スペイン料理のレストラン。
ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。スペイン料理のレストラン。

この他、和食やイタリアンのレストランも気になりましたが、2泊しかなかったので断念。もっと長く滞在して7件とも制覇したかったです。

レストランの他にも、コーヒーやスイーツをいただけるカフェや、お酒が飲めるラウンジなどがホテル中に用意されています。

ビーチサイドのスナックバーでは、泳いでお腹が空いたら、タコスなどを作ってくれます。

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。ビーチサイドのスナックバー。
ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。ビーチサイドのスナックバー。

こちらは、テキーララウンジ。

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。テキーラのラウンジ。

5. おわりに

今回は、メキシコのリゾート地、サンホゼ・デル・カボ にある、「ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス」を紹介してみました。

記事中にも書きましたが、夜が明ける頃の澄んだ空気がすごく気持ちよかったです。2日とも早起きをして、浜辺を散歩しに出かけました。 ホテルの正面から登ってくる朝日も美しい~。

プールサイドから眺める日の出。

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。プールサイドの日の出。
ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。日の出が美しいプールサイド。

ビーチでモーニングコーヒー。

ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。早朝のビーチ散歩。
ハイアット・ジーヴァ・ロス・カボス。ビーチで日の出を眺めながらのモーニングコーヒー。

私たちは2泊しかしませんでしたが、少し長く滞在して、ご家族でゆっくりするのには絶好のリゾートだと思いました。大人も子供も楽しめるホテルです。

ハイアット・ジーヴァに興味のある方、宿泊料金やレビューなどの詳細情報を見たい方は、リンクをいくつか載せておきます。
ハイアットのウェブページ
地図
トリップアドバイザー
Expedia
Hotels.com
agoda