【エジプト】カイロ観光②:新市街・中州地区観光とおすすめのレストラン

この記事は、2018年カイロ観光(全4ページ)の2ページ目です。
カイロ観光 1:カイロ観光まとめ
カイロ観光 3:旧市街
カイロ観光 4:オールドカイロ

新市街と中州地区は、カイロのダウンタウン。エジプトのイメージとは少し違って、西洋風の現代的な建物が並ぶ街です。商業の中心地で、人や車が目まぐるしく行き来しています。レストラン・ホテルのセレクションも多く、オペラ座などのエンターテイメント施設なども集まっています。

今回の記事では、カイロの新市街と中州地区の様子をシェアしてみました。記事後半では、おすすめのレストランを3件紹介しています。


新市街・中州地区の位置

新市街はナイル川の東岸の辺りです。
ナイル川に中州(ゲズィラー島とローダ島)が浮かんでいて、ゲズィラー島の北部はザマーレクと呼ばれ、高級宅街だそう。

 

西洋風の建物が並ぶ新市街

新市街には官公庁やビジネス街が見られ、商業の街といった印象。 車と人でごった返しています。

人と車で混み合うエジプトの首都カイロの新市街-ダウンタウン
人と車で混み合うエジプトの首都カイロの新市街-ダウンタウン

近代的なナイル川沿い

新市街・中州のナイル川沿いには、緑が多く、公園や、眺めの良いレストラン・ホテルを多く見かけました。ナイルタワーやオペラ座も有名みたいです。

カイロの中州を走る馬車
中州を走る馬車
ゲズィラー島のカイロタワー
オペラスクエアとカイロタワー

アメリカのレストランやホテルも結構みかけました。マクドナルド、chili's などのチェーンレストラン、 リッツ・カールトン、フォーシーズンズ、マリオットなど、 高級ホテルチェーンがナイル川沿いに並んでいました。
夜はネオンがギラギラでした!

ライトアップされたカイロの新市街と中州地区
ナイル川沿いのレストランやホテル
ライトアップされたカイロの中州地区
夜も賑やかな中州地区

エジプト考古学博物館

ここだけは絶対に外せない新市街の観光名所。エジプト展は世界中の有名博物館でも見ることができますが、ぜひ本場で見てください。ツタンカーメンの黄金のマスクなど、古代エジプトの貴重な展示物がたくさんです。
エジプト考古学博物館地図

カイロのエジプト考古学博物館
カイロのエジプト考古学博物館展示物

ちなみに、タクシーの運転手さんが教えてくれたのですが、エジプト考古学博物館は2020年にギザ地区に移転し「大エジプト博物館」、英語では "The Grand Egyptian Museum (GEM)" になるとのこと。
日本が資金と技術を提供して立ててあげてるらしく、「日本人だ」と言うと、カイロのあちこちで歓迎されました。タクシーで工事現場を通りかかりましたので、一枚載せておきます。

建設中のギザの大エジプト博物館
ギザに建設中の大エジプト博物館

おすすめレストラン3件

*イスラム教の国なので、レストランによってはアルコールがないところがありました。飲みたい方は、レストランに入る前に確認を。

Koshary Abou Tarek, Cairo
アブー・ターレック地図
エジプトのファーストフード、「コシャリ」の人気店。コシャリ一杯 10 L.E.(約70円)です。

コシャリ専門店、アブ ターレクの外観
コシャリ専門店、アブ ターレクの店内
コシャリ専門店、アブ ターレク
エジプトのファーストフード、コシャリ。

abou el sid
アブー・エル・シド地図
中州北部の高級住宅地、ザマーレクにあるエジプト伝統料理のレストラン。 観光客にも人気なようで、英語メニューがあります。 クラシック×エスニックな店内の雰囲気が気に入りました。 エジプト産のワインと鳩料理が珍しかったです。

☆前菜とメイン2品で約300 E£ (約2,000円)
☆エジプト産の白ワイン「Omar Khayyam Sultanine Blanche

本格的なエジプト料理が楽しめるカイロのレストラン、アブー・エル・シド
本格的なエジプト料理が楽しめるカイロのレストラン、アブー・エル・シド
エジプトの白ワイン、Omar Khayyam Sultanine Blanche
カイロのレストラン、アブー・エル・シドの店内
カイロのレストラン、アブー・エル・シドの外観

Café Riche
カフェ・リシュ地図
1908年フランス人のオーナーが創業して以来、カイロの歴史を見守ってきた老舗カフェ。かつては有名歌手などのパフォーマンスも模様され、数々の有名人たちの集まるカフェだったとか。
アンティークな内装で、ヨーロッパのカフェのようなメニューもあります。夫はエジプト料理を食べていましたが、私はカプチーノとクロワッサンをオーダーしました。

カイロの老舗レストラン、カフェ・リシュの外観
カイロの老舗レストラン、カフェ・リシュのエジプト料理
カイロの老舗レストラン、カフェ・リーシュの店内
カイロの老舗レストラン、カフェ・リーシュのエジプトビール

おわりに

今回は、エジプトの首都カイロの新市街と中州地区の様子をシェアしてみました。

この辺りのホテルやレストランは、モダンな感じのところが多いので、エジプト感はあまりないですが、便利で治安が良いという点ではオススメです。 私たちも新市街に2泊しました。

ちなみに私たちが宿泊したホテルは「シュタイゲンベルガー ホテル・エル・タハリール」。西洋風なチェーンのホテルです。 選んだ理由は、レビューがすごく良かったのと、立地が抜群だったからです。ダウンタウンのど真ん中で、どこに行くにも便利でした。エジプト考古学博物館も目の前で徒歩5分以内。
2016年にオープンしたホテルで、施設も新しくモダン。部屋の設備も日本や欧米のホテルのように必要なものは全て揃っていて快適でしたし、ホテルの入り口にはセキュリティーチェックのゲートがあって、治安も問題なかったです。スタッフの方もとても丁寧で、親切でした。

シュタイゲンベルガーホテル・エル・タハリールの詳細
ホテル公式ページ
ホテル地図
トリップアドバイザー
Expedia
Booking.com
Hotels.com
agoda

カイロの他のエリアに興味がある方は、下の3つの記事もどうぞ。

エジプトの首都、カイロ観光・パート1【エジプト】カイロ観光①:見どころのまとめ & 衝撃のタクシーエジプトの首都、カイロ観光・パート3【エジプト】カイロ観光③:旧市街(イスラム地区)名所のまとめエジプトの首都、カイロ観光・パート4【エジプト】カイロ観光④:オールドカイロ(コプティック・カイロ)