【エジプト】カイロ観光①:見どころのまとめ & 衝撃のタクシー

エジプトの世界遺産といえば、ピラミッドなどの「古代エジプト遺跡」を連想するかと思いますが、カイロの古い町並みや建築物も世界遺産に登録されていて、見どころ満載!

今回の記事では、カイロ市内の「どこで何が見れるのか」をまとめてみました。記事の後半では、エジプトのタクシー体験もシェアしています。


名所の集まる3つのエリアと地図

カイロ市内の見どころが集まっているのは、主に下の3つの地区。
※リンクをクリックすると各地区の詳細ブログにジャンプします。

  1. 新市街と中州地区
  2. 旧市街(イスラム地区)
  3. オールドカイロ(コプティック・カイロ)

※地図のアイコンにカーソルを当てるとすると、各地区の位置が確認できます。

カイロ市街は、カイロ国際空港の西にあって、タクシーで30~60分(交通状況によります)。100 E£(=約700円)前後が相場のようです。
ピラミッドで有名なギザ市は、カイロ市から更に西へ、車で30分ぐらい行ったところにあります。
*物価の変動が激しいみたいなので、料金は参考程度にしてください。

1.新市街と中州地区

新市街と中州地区は、カイロのダウンタウン。西洋風の建物や、リゾートホテルやレストランなどのモダンな建物が並んでいます。

人と車で混み合うエジプトの首都カイロの新市街-ダウンタウン
ライトアップされたカイロの新市街と中州地区

2.旧市街(イスラム地区)

旧市街(イスラム地区)は、昔のカイロの中心地。カイロ発祥の地です。970年にイスラム系の王朝がカイロに首都をつくり、カイロは長い間イスラム世界の中心として栄えました。旧市街にはそのころから建てられた古いイスラム建築や、バザールなどが残っていて世界遺産に登録されています。

シタデル城壁内に建つ、ムハンマド・アリー・モスク
カイロのマーケット、ハーン・ハリーリ

3. オールドカイロ

オールドカイロ地区は「コプティック・カイロ」とも呼ばれ、コプト教の教会が多くみられる地域。コプト教は、1世紀にローマ帝国の影響を受けて伝来したキリスト教がエジプトで独自に発展したもの。このエリアでは古い西洋風の教会が多く見られます。

エジプト・オールドカイロ・コプティックカイロ
エジプト・オールドカイロ・コプティックカイロ

カイロ観光日程の目安

私たちは下記の日程で観光しました。

  • 1日目:午前中ホテル到着。午後から「オールドカイロ地区」観光。
  • 2日目:旧市街(イスラーム地区)散策。
  • 3日目:午前中に考古学博物館。午後からギザへ移動。

新市街のホテルに滞在し、近場は徒歩で、距離の遠い「オールドカイロ」と「イスラム地区」はタクシーで移動しました。

オールドカイロ(コプティックカイロ)地区は半日程度で見ることができました。イスラム地区は結構広いので、徒歩で一日かけて観光。

新市街と中州地区は、ホテル周辺だったので、残りの時間で歩いてみて回りました。考古学博物館は、最低半日はあったほうが良いと思います。

2泊3日で、行きたかった名所はゆっくり見て回ることができたと思います。休館日や閉館時間などには注意して計画を立てましょう。

時間がない方は現地ツアーもおすすめ

個人で観光するのも自由度があっていいですが、時間がない方や、歴史などの説明を詳しく聞きたい方には、現地のオプショナルツアーもオススメです。 ホテルまでガイドさんが迎えに来てくれて、効率よく名所を巡ってくれますし、エジプトのガイドさんは、国家資格を持っていてとっても知識豊富です。

こちらにカイロ市内観光の現地ツアーをリストしてみました。
カイロ観光オプショナルツアーの一覧
オプショナルツアーでは最大手の「Veltra (ベルトラ)」さんのサイトです。世界中のオプショナルツアーを取り扱っている会社で、サポートも良く、個人的にとても気に入っています。

おわりに

今回の記事では、エジプトの首都カイロの、3つの観光エリアについてまとめてみました。各エリアの詳細に興味がある方は、カイロ観光パート②~④の記事をどうぞ。

エジプトの首都、カイロ観光・パート2【エジプト】カイロ観光②:新市街・中州地区観光とおすすめのレストランエジプトの首都、カイロ観光・パート3【エジプト】カイロ観光③:旧市街(イスラム地区)名所のまとめエジプトの首都、カイロ観光・パート4【エジプト】カイロ観光④:オールドカイロ(コプティック・カイロ)

余談:安くて、便利で、怖~い、エジプトのタクシー

エジプト・カイロの白いタクシー。
カイロの白いタクシー。

「これ、大丈夫……?」タクシーのドアを開けた夫がポツリ。 エジプト到着直後、空港からカイロ市内のホテルへ向かうため、とりあえず空港でタクシーをひろった。
タクシーはボロボロで、後部座席のシートは破け、中から金属部品が顔を出している。。。乗車を躊躇している私たちを見て、ドライバーのおじさんは、「ノープロブレム!・ノープロブレム!」と乗車を進める。私たちは顔を見合わせながら、結局乗車。。。

カイロの街は、スモッグと砂漠からの砂がすごい。
実際、高台からカイロの街を見る機会があったが、カイロの街はスモックで真っ白。ドライバーのおじさんは、アラブミュージックを大音量で聞きながらご機嫌そう。クーラーは付いてないのか壊れているようで、窓大全開でスモッグの街を走ること約30分、ようやくホテルに到着。おそらく寿命が10日ほど縮んだと思う。

世界遺産に登録されている、カイロ市街の眺め
スモッグと砂の舞うカイロ市街。

私たちはこの後も懲りずに、エジプトの各都市でタクシーを利用させてもらったが、すごいタクシーが次々と出てくる。スピードメーターが20キロを指したまま動かないタクシー、エンジンからカラカラ音が聞こえるタクシー、鍵が壊れて導線を直接繋いでエンジンをかけているタクシー(いわゆる「直結」ってヤツです。車やバイクを盗むときにやる)…などなど。

エジプト・アレクサンドリアの黄色いタクシー。
アレクサンドリアの黄色のタクシー。
エジプトのタクシー
高速道路を走行中。
スピードメーターは20km/hを指したまま動かない...


ただ、印象的だったのは、タクシーも古いし、交通ルールもめちゃくちゃなように見えて、2週間の滞在中に交通事故は一度も見かけなかったので、結構安全?! なのかも。
それから、タクシーに乗る前に値段の交渉は必須だけど、一度金額が決まったら、後からぼったくられたりることは一度もありませんした。

皆さんも、エジプトのタクシー、アトラクション感覚で楽しんでみてはいかがでしょう。。。便利で安いのは間違いないです。

それから、アラブ語しかわからない運転手さんが多いので、スマホなどで、あらかじめアラブ語表記の目的地や住所を用意しておいて運転手さんに見せるとコミュニケーションがスムーズでした。

グーグルマップのアラビア語表記

Googleマップには、場所の名前や住所にアラビア語表記が加えてあって、これを利用して運転手さんに場所を伝えることができて便利でした。