【カナダ】プリンスエドワード島回想記②:灯台探しの旅

前回の記事に続き、大学生の時に旅した、カナダのプリンスエドワード島の回想記を書いています。

周りをセントローレンス湾に囲まれたプリンスエドワード島。海の安全を守るため、たくさんの灯台が立っています。しかもそのひとつひとつが個性的でとても可愛いものばかり。

今回の記事では、プリンスエドワード島の灯台たちを紹介して見ようと思います。


1. 小学生の思い出

小学生の頃に、たまたま父に買ってもらったプリンスエドワード島の写真集。世界にはこんなに美しい島があるのだなぁと、感動した思い出がずっと心の片隅に残っていました。

まさか実際に、カナダの果てまでこの島を訪ねて行くとは、当時は思ってもみませんでしたけど....。

特に、この断崖に立つ可愛い灯台の写真がなぜか好きで、妙に気になっていました。

プリンスエドワード島・ケープトライオン灯台

名前もわからない灯台でしたが、ドライブがてら探しに行ってみることにしました。

2. プリンスエドワード島の灯台たち

いざ、灯台の調査を始めてびっくり.... なんと、プリンスエドワード島には灯台が60個以上もあったのです!!
PEIの灯台マップ

結局、海岸線を車で一周しながら、ほとんどの灯台を巡って探すことになりました。なんてヒマ人....。

こんな美しい灯台から、

プリンスエドワード島の灯台巡り

お家のような灯台。

カナダ・プリンスエドワード島の灯台巡り

もう忘れ去られたような廃墟の灯台まで様々。

当時は、一般公開されている灯台を20箇所くらい巡ってスタンプを集めていく、スタンプラリーみたいなのがあって、全ての灯台を巡って表彰状をいただきました ✌️。

プリンスエドワード島の灯台巡り
プリンスエドワード島の灯台たち

3. コンフェデレーション橋

灯台探しのついでに、美しい港町やビーチも巡ることができました。

カナダ・プリンスエドワード島のフレンチリバー
French River
カナダ・プリンスエドワード島
Hurray Harbour
カナダ・プリンスエドワード島
North Rustico Harbour
カナダ・プリンスエドワード島の旅
North Rustico Harbour

こちらは、島の南海岸にある灯台。
灯台の地図

プリンスエドワード島のコンフェデレーション橋
Port Borden Lighthouse

ここから、カナダの本土に向かって、コンフェデレーション・ブリッジという橋がかかっています。全長13kmのカナダでは最長の橋。橋を渡り切るのに10分くらいかかります。

プリンスエドワード島のコンフェデレーション橋
Confederation Bridge

橋の先は遠過ぎて見えな〜い。

プリンスエドワード島のコンフェデレーション橋

4. ケープ・トライオン灯台

さて、私の思い出の灯台は見つかったかというと、見つかりました。

「岬にある美しい灯台」ということで、いくつか候補を絞ることができました。

途中から舗装道路を外れ、赤土の細い農道を海に向かって走ります。

プリンスエドワード島のケープトライオン・ロード

左手には、絵に描いたような真っ青な草原。

プリンスエドワード島・トライオン岬への道

右手には、黄金の麦畑が広がっていました。

プリンスエドワード島のトライオン岬への道

そしてこちらが探していた灯台。草原にポツンと立って海を照らしていました。

プリンスエドワード島・ケープトライオン灯台

灯台の名前は、トライオン岬の『ケープ・トライオン灯台』。
灯台の地図

プリンスエドワード島・ケープトライオン灯台
Cape Tryon Lighthouse

見つけれたのが嬉しくて、滞在中3回も来てしまいました ♪

プリンスエドワード島・ケープトライオン灯台

たくさん灯台を見たけど、やっぱりこの灯台が一番のお気に入りです♡

5. おわりに

今回の記事では、プリンスエドワード島の灯台探しの想い出を書いて見ました。

次回は、プリンスエドワード島の首都「シャーロットタウン」を紹介してみたいと思います。お楽しみに☆