【カナダ】プリンスエドワード島回想記①:世界一美しい島をひとり旅

カナダの東の果てにある、プリンスエドワード島。私が初めて海外旅行をした、想い出の場所です。

「世界でもっとも美しい島」と言われることがあるくらい、自然が美しいのどかな島。私が訪れたのは8月でしたが、海も湖も草原も、陽の光を浴びてキラキラ輝き、本当に綺麗だったのを覚えています。

大学生時代の一人旅。◯十年前なので写真が古いですが、今回から3記事にわたって、夏のプリンスエドワード島を紹介してみようと思います。


1. プリンスエドワード島基本情報

プリンスエドワード島は、カナダの東の果てにある島。Prince Edward Island=略して『PEI』とも。
プリンスエドワード島の観光サイト

*地図上のピンにカーソルを当てると地名が表示されます。

首都は「シャーロットタウン」。小さくて可愛らしい街です。私は、トロント空港から飛行機を乗り継ぎ、シャーロットタウン空港に到着しました。

プリンスエドワード島の首都・シャーロットタウン
シャーロットタウン

一年を通して自然が美しく、夏場は避暑地として、キャンプをしたり、ビーチでバケーションを楽しむ観光客で賑わいます。

カナダ・プリンスエドワード島のビーチ
ビーチやキャンプ場も人気

2. レンタカーで島巡り

島は愛媛県ほどの大きさだそう。レンタカーをして島を巡りました。

カナダ・プリンスエドワード島・ニューロンドン
ニューロンドン

島は赤土に覆われています。

カナダ・プリンスエドワード島・赤土の道

ビーチも赤土。海の青、大地の緑と、赤土のコントラストが特徴的です。

カナダ・プリンスエドワード島のビーチと灯台

島中に美しい森や牧草地が広がっています。

カナダ・プリンスエドワード島・パークコーナー
パークコーナー
カナダ・プリンスエドワード島・ハミルトン
ハミルトン

島の所々に小さな街があり、可愛らしいローカルショップに立ち寄るのも楽しいです。

カナダ・プリンスエドワード島・モンテギュー
モンテギューの街
カナダ・プリンスエドワード島・モンテギュー
モンテギューの街
カナダ・プリンスエドワード島のフレンチリバー
フレンチリバー
カナダ・プリンスエドワード島のフレンチリバー
フレンチリバー

小さな街のチョコレート屋さん

カナダ・プリンスエドワード島

島の鉄道は廃線になっているようですが、鉄道博物館がありました。

カナダ・プリンスエドワード島の鉄道博物館
カナダ・プリンスエドワード島

宿泊は、島のあちこちにあるB&Bを転々と。

カナダ・プリンスエドワード島のB&B
島のあちこちにあるB&B

このB&Bはもうないみたいだけど、当時、島の北西の方にあった宿です。優しい老夫婦のオーナーさんがもてなしてくれました。

カナダ・プリンスエドワード島のB&B
お世話になっていたB&B
カナダ・プリンスエドワード島のB&B
裏庭には美しい草原と湖

3. 赤毛のアンの舞台

プリンスエドワード島は、赤毛のアンの作者「モンゴメリ」の出身地としても知られています。赤毛のアンの物語の中には、この島の美しい四季の移り変わりが描かれています。

カナダ・プリンスエドワード島
赤毛のアンの舞台となった島

小説のモデルとなったと言われれる『赤毛のアンの家』は観光名所。

カナダ・プリンスエドワード島・赤毛のアンの家
赤毛のアンの家

家の中は、物語の時代の生活が伺える、博物館みたいになっています。

カナダ・プリンスエドワード島・赤毛のアンの家
再現されたアンの部屋

4. おわりに

カナダ・プリンスエドワード島の夕日
Darnley Basin の夕日

大学生の夏、この島に一ヶ月も滞在してしまいました。

観光するだけなら1週間も必要ない小さな島なんですが....、ビーチや草原に寝っ転がって、何もせずに1日が過ぎて行くような、そんな生活を送りました。

今では考えられないような生活ですが、人生に一度くらい、美しい自然の中で自分とゆっくり向き合う時間が過ごせたのは、とても幸せなことだなと思います。

次回は、プリンスエドワード島にたくさんある、可愛い灯台たちについて書いてみようと思います。お楽しみに☆

関連記事