【ヨルダン】クィーンアリア国際空港からタクシーでアンマン市街へ

ヨルダンの首都アンマン。空港タクシー。

2019年の秋に12日間かけて巡った、ヨルダンとイスラエルの記事を書いてみようと思います。今回が1記事目です。

旅は、ヨルダンの首都「アンマン」からスタート。

ヨルダンについては、「ペトラ」という有名な遺跡があること以外はほとんど知らず、「イスラエル旅行のついでに数日寄ってみようかな~」というノリでやって来ましたが、かなり見どころの多い国で、結局イスラエルよりも長く滞在してしまいました。しかも、ヨルダンには美味しいものがた~くさんあります。

今回の記事では、アンマンの空港の様子と、アンマンから市街地へ出るために乗った、タクシーの情報をシェアしてみたいと思います。


1. クィーンアリア国際空港
Queen Alia International Airport

アメリカからパリを経由して、アンマンの「クィーンアリア国際空港」に到着。23:30 到着なので、真夜中です。

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港(Queen Alia International Airport)。

空港は、比較的新しいのか、ピカピカですごくきれいです。

標識などは、アラビア語と英語で書いてあります。飛行機から降りたら、他の国際空港と同じく、「Baggage Claim」の標識に従って歩けば、迷わずに荷物引き取り所へ行けます。

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港(Queen Alia International Airport)。

途中、ビザの発行所を通りますが、日本人はビザは必要ないらしく、直接「Passport Control」の入国審査官の窓口へ行くように言われました。待ち時間も無く、特に変な質問もされず、あっさり入国でした。

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港(Queen Alia International Airport)。

荷物引き取り所で荷物を取り....

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港(Queen Alia International Airport)。

「Customs(税関)」で荷物をもう一度チェックされて、終了です。他の国際空港と同じです。

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港(Queen Alia International Airport)。

ほとんど待ち時間無しで、スムーズに到着ロビーへ出てきました。ATM で現金を下ろしたでかったので、「Bank」の標識に従って銀行の方へ。

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港(Queen Alia International Airport)。

夜中で銀行は閉まっていますが、ATM は使えました。現金ゲット💰💰💰。

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港(Queen Alia International Airport)。

2. 空港タクシーでアンマン市街へ

アンマン市街のホテルまではタクシーで行くので、「Taxi」の標識に従ってターミナルの外のタクシー乗り場へ。

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港(Queen Alia International Airport)。

ターミナルの外はこんな感じです。空港はきれいだし、標識などの整備もしっかりしてあって分かりやすいです。

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港(Queen Alia International Airport)のタクシー乗り場

少しヤバそうな国に行くと、ちょうどこの辺りで「Taxi ?」「Taxi ?」「Taxi ?」「Taxi ?」と、多数のタクシードライバーや客引きの群衆にたかられ、あれよあれよという間にタクシーに引きずり込まれ、法外なタクシー料金を請求されて、微妙な気持ちで旅をスタートすることになり兼ねないなのですが....

「そんな手には乗らないぞ」と気を張っていた私たちの前に、まともそうな「Airport Taxi 」の窓口が現れました。

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港(Queen Alia International Airport)のタクシー乗り場。
空港タクシーの窓口

ドアの横に、白いボードが掛けてあるのは料金表で、空港から街の中心までは、一律 21.5 JD (= 3,200円くらい) と決まっているんだそうです。

ちなみに、ヨルダンの通貨は「ヨルダン・ディナール=Jordan Dinnar(JD)」です。

料金表もくれました。

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港からダウンタウンまでのタクシー料金表
空港タクシーの料金表

窓口でお金を払い、領収書をもらった後、待機していたドライバーさんに連れられて、タクシーへ向かいました。

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港からダウンタウンまでのタクシーのレシート
タクシーのレシート

タクシーもキレイで、ピカピカ。

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港(Queen Alia International Airport)のタクシー乗り場
空港に待機しているタクシー

クィーンアリア国際空港から、アンマン中心部までは、35分くらい。

ホテル到着。飛行機を降りてから、全てがスムーズ過ぎて、拍子抜けしてしまいました。

ヨルダンの首都アンマン。

3. グーグル翻訳アプリ

最後に、最近感心している「グーグル翻訳アプリ」を紹介します。

グーグル翻訳アプリ

無料で誰でもスマホにインストールできる翻訳アプリで、昔から使ってはいたんですが、最近、このアプリの「カメラ翻訳」という機能の便利さに感動しています。

↓↓↓ 下の図のように、「アラビア語→日本語」の翻訳をするように設定をして、「camera」のアイコンを押すと、カメラ翻訳が起動します。

グーグル翻訳アプリのカメラ

そして、スマホを文字の上にかざすと、カメラで読み取った文字を翻訳してくれるのです。

先ほどの、タクシーの領収書も、アラビア語で何が書いてあるのやら分からないですが、

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港からダウンタウンまでのタクシーのレシート

スマホをかざすと、このように日本語に翻訳してくれます。

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港からダウンタウンまでのタクシーの領収書

手書きの字は翻訳できていないし、翻訳も完璧ではありませんが、全く見当のつかないアラビア語を読むよりは確実に良いです。

タクシーの料金表も

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港からダウンタウンまでのタクシー料金表

アンマンのダウンタウンまで、21.5JD だと分かります。

ヨルダンの首都アンマン。クィーンアリア国際空港からダウンタウンまでのタクシー料金表

この機能を使うと、スマホをかざすだけで、街の標識や料理のメニューなどが翻訳できるので、かなり画期的。

おもしろいので、皆さんも次回の海外旅行でぜひ使ってみてください ♪

アンマンの便利なツアー 🚕🚕🚕