【アメリカ】ローイングマシンとアメリカのエクササイズ事情

日本では自粛解除が始まったと聞きました。アメリカは、私が住んでいる地域は、5月末までロックダウン延長です。3月末から始まったので、かれこれ2ヶ月。

今日も仕事で空港に行きましたが、国内線の乗客は若干増えてきたような気がします。国際線は回復の兆しはまだ見えませんけど....。

国際線チェックインカウンター

地域にもよりますが、「フェイス・カバリング」を義務付ける空港が増えてきました。空港内では、マスク等で顔を覆わないといけません。

エアラインも、乗客にフェイス・カバリングを義務付けるようになってきてます。飛行機は、真ん中の席には乗客を乗せないようにしたり、座席の40%以上は空席にするなど、ソーシャル・ディスタンシング対策をしながら運行しています。

また自由に旅行できる日が来るのが待ち遠しいです。皆さんも、自粛解除になっても、健康には気を付けてください。


さて今日は、アメリカのエクササイズ事情についての記事です。

アメリカはエクササイズがとても盛んな国で、毎朝ウォーキングやジョギングしたり、定期的にジムに通ったり、ヨガのクラスに参加したりと、みんなアクティブ。

ローイングマシーン(ローアー)

アメリカのホテルも、フィットネスセンター(ジム)の設備が充実してるところが多いです。ホテルを選ぶ際、ジムの設備を考慮に入れる宿泊客も多いのだと思います。

私も仕事でホテルに泊まることが多いですが、ジムの設備の良し悪しは、同僚の間でよく話題になります。

そんな中、最近よく耳にするようになったのが「ローイングマシン(Rowing Machine)」。普段ジムに行かない私には、初めは何のことかよく分からず....。

私の行きつけの美容師さんも、「最近 Row House に通っているのよ~!」と、結構ポピュラーなエクササイズのようです。

今回の記事では、私も最近まで知らなかった「ローイングマシーン」を紹介してみたいと思います。


ローイングマシーンとは?

こちらが、最近話題の「ローイングマシーン(Rowing Machine)」。「インドア・ローワー(Indoor Rower)」と呼んだりもします。

「Rowing=オールでボートを漕ぐ」という意味なのですが、ローイングマシンは、ボート漕ぎの動きを室内で実現したエクササイズマシンです。

上の動画は、「Concept 2 」という、アメリカでポピュラーなローイングマシンのメーカーのウェブサイトからシェアしています。
Concept 2 のウェブサイト

動画では、ローイングのストロークを解説してあります。ストロークは、① キャッチ② ドライブ③ フィニッシュ④ リカバリー、の4つのパートから成るのだそう。

ローイングは、「体の関節に負担をかけることなく、体全体の筋肉を鍛えることができる」ということで、漕艇やボート漕ぎをしているわけではない一般人の間でも、人気が出てきているようです。

ローハウス(Row House)

私の行きつけの美容師さんも通っているという「Row House」。2014年にニューヨークから始まり、全米100か所以上にローイングのフィットネスクラブを広げているフランチャイズです。
The Row House ウェブサイト

ローイングも、ただ漕げばいいというわけではなく、効果を最大にするには、正しいストロークや姿勢が大切とのことなので、こういうところで教えてもらいながらみんなで楽しくエクササイズするのも良さそうですね。

ただ最近は、パンデミックの影響で、フィットネスクラブや Row House も閉まっているところが多いと思いますので、しばらくは予約は受け付けてないかもしれません。

我が家にもローイングマシン?

私がローイングマシンの存在もよく知らなかった頃、我が家に巨大な箱が2つ到着。

ローイングマシーン(インドア・ローアー)

実は、夫がローイングマシンを購入していた.... 笑。

数年前から、夫が勤める会社では、従業員の健康保険の質を落とす代わりに、年間10万円程のスポーツ費用を負担してくれる、ということになり、それで会社から買ってもらったみたいです。

健康保険の質が悪くなったので、病院にかかった場合の自己負担額は増えるんですが、その代わりに、健康促進のためのスポーツ費用を出してあげますよ、ということだそうです。あまり医者にかからない私たちには、良いプランなのかなぁ。

スポーツ用品を買うもよし、フィットネスクラブの会員になるもよし、ゴルフに使うもよし.... とりあえずスポーツ関係ならなんでも負担してくれるのだとか。

膝があまり強くない夫は、膝に負担のかからないローイングマシンを買ってもらったわけです。

組み立てが終わったっぽい。

ローイングマシーン(インドア・ローワー)

椅子みたいなところに腰掛けて、ハンドルを引っ張って使います。

ローイングマシーン(インドア・ローアー)

私も初挑戦。ハンドルを引っ張ると、チェーンが伸びます。チェーンの抵抗(重さ)も調整できます。結構楽しいかも~ ♪

ローイングマシーン(インドア・ローワー)

こちらのディスプレイで、漕いだ距離などが分かるっぽい。

ローイングマシーン(インドア・ローアー)

普段使わない筋肉も鍛えることができて、いい感じです。たまに使わせてもらおー。

1つ問題点は、スマホやタブレットを置くところが無いことかな。音楽を聴いたり、映画を観たりしなならエクササイズする人は多いので、なにか良い手はないものかな~と思いました。

日本ではどれくらい普及しているかわかりませんが、海外のホテルでも結構見かけるようになりましたので、機会があればトライしてみてください ♪

BOSU(ボス)バランストレーナー

私は、外を散歩したりジョギングするのが好きなので、あまりジムには行きません。が、10年くらい愛用しているエクササイズ用品がひとつだけあります。

「BOSU Balance Trainer(ボス・バランストレーナ)」です。
BOSU のウェブサイト

ボースー・ボール

この半球の上で、バランスを取りながら飛んだり跳ねたりすることで、体の「core muscles(コアマッスル)」が鍛えられます。コアマッスルというのは、あまり良い日本語訳が見つからないんですが、体の核になる筋肉のことで、「深層筋」とかっていうのかな。

かれこれ10年くらい前、フィットネスクラブのインストラクターから勧められて以来、とても気に入って使っています。

場所も取らないし、引っ越しとかしても持っていけるし、最高です。飛び跳ねたりしなくても、BOSUの上で筋トレをしたり、座っているだけでも筋力がつきます。

↓↓↓ 付属DVDのインストラクター「Rob」がお気に入り ♥

ずいぶん古い映像ですけど.... 笑。

「ボスバランス」などのキーワードで検索すると、日本語のYouTubeのトレーニング動画も結構出てきます。

興味のある方は、日本のアマゾンでも正規商品が売ってるみたいです。アメリカに比べると割高だけど。

運動不足の女子たち....。