【チリ】サンティアゴのグルメ情報~シーフード市場+ワインバーのレビュー

サンチアゴ観光・グルメとマーケット

2020年1月、弾丸1日で観光したサンティアゴの記事です。

前回の記事では、サンティアゴの観光名所をまとめてみました。今回の記事では、その中でも特に楽しかったシーフード市場と、チリワインのセレクションが豊富なワインバーを紹介してみようと思います。


1. 中央市場
Mercado Central de Santiago

チリの首都サンティアゴ観光「中央市場」

サンティアゴ旧市街にある中央市場。たくさんの魚屋さんが入っていて、もはや魚市場と言っても過言ではないでしょう。
中央市場の地図

チリ・サンティアゴ観光。中央市場のフィッシュマーケット。

見たことのない魚や貝もたくさんあって、見て回るだけで楽しい市場です。

チリ・サンティアゴ観光。中央市場のフィッシュマーケット。

こちらは「Locos」と呼ばれるチリアワビ。

チリ・サンティアゴ観光。中央市場のシーフードマーケット。

綺麗な貝。

チリ・サンティアゴ観光。中央市場の魚市場。

市場の中には、シーフード料理のレストランもたくさん入っています。きちんとしたレストランから屋台みたいなものまで様々です。

チリ・サンティアゴ観光。中央市場のシーフードレストラン。
市場のシーフードレストラン

アルゼンチンやウルグアイとは違って、観光客への客引きがすごかったです 😅 特に、ウニやでっかいカニをよく勧められました。できれば高い物食べて欲しいのでしょう....。

チリ・サンティアゴ観光。中央市場のシーフードマーケット。
よく売りつけられるカニ。

ランチを食べたかったのですが、どこのレストランも美味しそう....。なかなか決められず、市場の中を3周くらいグルグル回りました。

チリ・サンティアゴ観光。中央市場のフィッシュマーケット。
おいしそうなシーフード料理のメニュー

結局こちらの「CLARITA」というお店にすることに。地元の人がたくさん入ってたのが決め手。スタッフの方たちもすごくフレンドリーでした。

チリ・サンティアゴ観光。中央市場のシーフードレストラン。

英語のメニューあり。クレジットカードも使えました。

チリ・サンティアゴ観光。中央市場のシーフードレストラン。

まずは、チリビールで乾杯 🍻

チリ・サンティアゴ観光。中央市場のシーフードレストラン。

前菜に出てきたサラダです。茶色っぽいのは「Ulte」っていう海藻だそうです。面白い食感でした。

チリ・サンティアゴ観光。中央市場のシーフードレストラン。

こちらは「Congrio Frito」。「アナゴの洋風天ぷら」ってとこです。

チリ・サンティアゴ観光。中央市場のシーフードレストラン。

コングリオ は高級アナゴのことで、英語では Conger eel 。弾力のある白身魚で、食感がとても良いです。癖がない味でおいしく食べられました。

チリ・サンティアゴ観光。中央市場のフ魚市場。
コングリオ (Congrio)

こちらは「Chupe de Mariscos」。シーフードたっぷりのスープ。さまざまな貝の味がしっかり出ていて、とても濃厚なお味。

チリ・サンティアゴ観光。中央市場のシーフードレストラン。

それから、このレストランで食事をすると、多数のネコさんとお友達になれる特典が付いてきます。

チリ・サンティアゴ観光。中央市場のフィッシュマーケット。

コングリオと貝をあげると、ネコさん達と親友になれます。

市場には魚屋さんやレストランの他に、お土産屋さんなども入っています。

チリ・サンティアゴ観光。中央市場「Mercado Central de Santiago」。

2. モテ・コン・ウエシージョ
Mote con huesillo

異国の地で変なものを食べるのが大好きな夫。この店の前で足が止まりました。不思議な飲み物が売られています。

チリ・サンティアゴ観光。モテ・コン・ウエシージョ (Mote con huesillo)

チリで夏場に人気の「モテ・コン・ウエシージョ」という飲み物(食べ物?)だそうで、サンティアゴのあちこちで見かけました。

チリ・サンティアゴ観光。モテ・コン・ウエシージョ (Mote con huesillo)

シロップみたいな甘い液体に、缶詰桃のような桃と、ふやけたっぽい小麦が入った.... とりあえず不思議な飲み物でした。

チリ・サンティアゴ観光。モテ・コン・ウエシージョ (Mote con huesillo)

私たちにはちょっと甘かったけど、美味しかったです。小麦の触感がプチプチして好きでした。

3. チリワインが楽しめるワインバー
『Bocanáriz』

チリは、上質なワインの産地としても有名です。赤・白様々な種類のブドウが栽培されています。

時間があればワイナリーなども行ってみたかったのですが、今回は1日だけの滞在だったので断念。サンティアゴ旧市街で、レビューの良いワインバーを見つけたので行ってみることにしました。

ワインバー&レストランの『Bocanáriz』。チリ料理やチリワインのセレクションが豊富で、ワインテイスティングなどもできます。レビューや口コミもとても良いお店です。
Bocanáriz ホームページ
Bocanáriz の地図
トリップアドバイザーの口コミ

チリ・サンティアゴ観光。チリワインのセレクションが豊富なワインバー&レストラン。
Bocanáriz の入り口

バーのある通りは人が多すぎて、お店の良い写真が撮れなかったんですが....。露店やお洒落なレストランが並ぶ、とても賑やかなエリアです。

チリ・サンティアゴ観光。チリワインのセレクションが豊富なワインバー&レストラン。
Bocanáriz の周りは賑やか

私たちは夕方の中途半端な時間に行ったので、席は結構空いていたのですが、すでに予約が入っているテーブルも多く、ギリギリ座らせてもらうことができました。

チリ・サンティアゴのグルメ。チリワインのセレクションが豊富なワインバー&レストラン。
Bocanáriz の店内

ディナータイムになると満席でした。ホームページから予約ができるので、予約していった方がいいかもです。

チリ・サンティアゴ観光。チリワインのセレクションが豊富なワインバー&レストラン。
ディナータイムは満席に。

ワインバーなだけに、ワインのセレクションも豊富で、テイスティングなどもできます。英語メニューがあり、スタッフも英語を話してくれます。

こちらは「Wine Flights」のメニュー。テーマ別に、レストランがおすすめする3種類のワインが用意されていて、違うワインを50ml ずつ飲み比べできます。

チリ・サンティアゴのグルメ。チリワインのセレクションが豊富なワインバー&レストラン。

Bの「White Wines from Chile (チリ産白ワイン)」というのを注文してみました。3種類のチリ産のおすすめ白ワインが、50mlずつ出てきました。

チリ・サンティアゴ観光。チリワインのセレクションが豊富なワインバー&レストラン。

単独のグラスでも注文できます。50ml か 150ml を選ぶことができます。

チリ・サンティアゴのグルメ。チリワインのセレクションが豊富なワインバー&レストラン。

チリ産白ワインを、追加で1グラス注文してみました。

チリ・サンティアゴのグルメ。チリワインのセレクションが豊富なワインバー&レストラン。

ワイングラスには、ワインの名前が書いてあって、飲み比べしやすくなっています。

チリ・サンティアゴのグルメ。チリワインのセレクションが豊富なワインバー&レストラン。

お料理は、チリ料理・南米料理の他、チリ産の食材が使ってあるものなどが多くて嬉しかったです。ワインに合わせられるような、おつまみ系が多いです。

チリ・サンティアゴのグルメ。チリワインのセレクションが豊富なワインバー&レストラン。

牡蠣盛り合わせ。

チリ・サンティアゴ観光。チリワインのセレクションが豊富なワインバー&レストラン。

大好物のセビチェ。中南米でよく食べられる、魚介のマリネです。

チリ・サンティアゴ観光。チリワインのセレクションが豊富なワインバー&レストラン。

またまた追加で、チリ産の赤ワインを注文。チリ産のゴートチーズも注文してみました。

チリ・サンティアゴのグルメ。チリワインのセレクションが豊富なワインバー&レストラン。

デザートも美味しそうでしたが、おなかいっぱいで諦めました....。

4. おわりに

チリのサンティアゴに来る前に、アルゼンチンとウルグアイを1週間くらいかけて観光していました。

肉の消費量が世界一のアルゼンチンとウルグアイでは、肉を主食のように食べ続けましたが、すぐお隣のチリに来てみると、シーフードの多さにびっくり!

もちろんチリでも肉料理は食べられていますが、太平洋沿いに長~い海岸線を持つチリは、新鮮な魚介類も豊富なのだそうです。

南米もアンデス山脈の東と西では食文化が違うのだなぁ、と思った1日でした。

一日しか観光できなかったサンティアゴでしたが、シーフード市場とワインバーのおかげで、美味しいチリ料理を堪能できました。