【ウルグアイ】植民地時代の街並みを散策~世界遺産『コロニア・デル・サクラメント』

ウルグアイ観光・世界遺産の街「コロニアル・デル・サクラメント」

2020年1月のウルグアイ旅行の記事を書いています。

今回紹介するのは、植民地時代の古い街並みが残る、ウルグアイの「Colonia del Sacramento(コロニア・デル・サクラメント)」。1995年に世界遺産に登録されました。

古い建築物は、博物館、ショップ、レストランやカフェ、ホテルなどに改装されていて、コロニアル時代の雰囲気を味わいながら観光することができます。

半日もあれば見て回れるような小さな街ですが、とってもカラフルでカワイイ街並み。歩いているだけで、とっても楽しい気分になります ♪


1. コロニア・デル・サクラメント
Colonia del Sacramento

コロニア・デル・サクラメントは、ウルグアイ南西部の街。首都のモンテビデオからは、180km ほど西にあります。旧市街の「Plaza Mayor(マヨール広場)」周辺が観光の中心です。

* 地図上のピンの位置がコロニア・デル・サクラメント。

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスからは、フェリーで1時間くらいで来れてしまうので、アルゼンチンから日帰りで訪れる人も多い観光地です。
フェリーの記事

コロニアル時代の歴史

コロニア・デル・サクラメントは17世紀後半につくられた町。

15世紀半ばから始まった植民地化によって、当時の南アメリカは、ブラジルはポルトガル領、アルゼンチンはスペイン領となっていました。

1680年に、ポルトガル人が5隻の船でブラジルの国境を越えて南下し、コロニア・デル・サクラメントを建設。対岸のブエノスアイレスを拠点としていたスペイン軍と争いになり、現在のウルグアイに当たる地域は、ポルトガルとスペインが衝突する最前線となりました。

コロニア・デル・サクラメントも、ポルトガル領になったりスペイン領になったりしましたが、最終的に1777年にスペイン領として落ち着いたようです。
ウィキペディア

コロニア・デル・サクラメントの街には、ポルトガルとスペインの植民地時代の遺跡や街並み、コロニアル様式の建物などが残っていて、世界遺産に登録されています。

コロニア・デル・サクラメントの遺跡

ちなみに「コロニアル」とは、「植民地の」という意味。ヨーロッパや中東のあちこちでローマ帝国の遺跡が見られるように、アメリカ大陸ではコロニアル時代の遺跡や建築物がよく見られます。

ラ・プラタ川

コロニア・デル・サクラメントは港町なんですが、実はこれ海ではなくて「Río de la Plata(ラ・プラタ川)」という大きい川。

ウルグアイ観光「コロニアル・デル・サクラメント」とラ・プラタ川

ラ・プラタ川は、河口部の幅が約275kmの大三角江。川幅としては世界一なのだそうです。

ラ・プラタ川の三角江(エスチュアリー)

Image by WikiImages from Pixabay

ビーチに青々とした草が生えていたので、淡水なんですね。

ウルグアイ観光「コロニアル・デル・サクラメント」とラ・プラタ川

ビーチで、とってもフレンドリーな犬に遭遇

ウルグアイ観光「コロニアル・デル・サクラメント」とラ・プラタ川

野良犬かなぁ。

ウルグアイ観光「コロニアル・デル・サクラメント」とラ・プラタ川

石を咥えて来て、「遊んで~」って言うんですよ♥ きっと町の人たちにかわいがられてるに違いありません。

ウルグアイ観光「コロニアル・デル・サクラメント」とラ・プラタ川

2. 七つの博物館

コロニア・デル・サクラメントには、七つの博物館があるそうです。

  1. ポルトガル博物館 [map]
  2. 市立博物館 [map]
  3. エスパニョール博物館 [map]
  4. ナカレリョの家 [map]
  5. タイル博物館 [map]
  6. インディヘナ博物館 [map]

でも、実はこの日は元旦で.... ほとんど閉まっておりました 😅 レポート無しです。ご了承ください。

コロニア・デル・サクラメントの名所や観光情報を詳しく説明してあるサイトを見つけたので、リンクを貼っておきます。参考になればと思います。
OTOA のウルグアイ特集

3. カラフルでお洒落な街並み

コロニア・デル・サクラメントの旧市街は、半日もあれば見て回れるような小さな街。穏やかに時間が過ぎていきます。

コロニアル・デル・サクラメントの町並み

街並みは、とてもお洒落でカラフル 🌈🌈🌈

ウルグアイ観光「コロニアル・デル・サクラメント」

かわいいショップもたくさんあるので、お土産など探しながらプラプラするのも楽しいです。

コロニアル・デル・サクラメントのお洒落なショップ

素敵なワインショップ。

コロニアル・デル・サクラメントのお洒落なショップ

カラフルな雑貨屋さん。

コロニアル・デル・サクラメントのお洒落なショップ

4. レストランとカフェ

素敵なカフェやレストランもたくさんあります。

① カフェ

休憩したカフェ。サンドイッチやピザなど軽食が食べられます。

コロニアル・デル・サクラメントのカフェ

お隣のアイスクリームショップも可愛かったです
アイスクリーム屋さん地図

コロニアル・デル・サクラメントのアイスクリームショップ

② 無念の Charco bistró

こちらは「CHARCO HOTEL」というホテルなんですが、ホテル内のレストラン「Charco bistró」のレビューがすごく良かったので来てみました。
Charco bistró の地図

コロニアル・デル・サクラメント「CHARCO HOTEL」

ラ・プラタ川に沈む夕日を見ながらお食事でも.... と思ったのですが、あいにく予約でいっぱいで断念 😭。元旦だというのに、大人気のレストランです。

コロニアル・デル・サクラメント「CHARCO HOTEL」

パティオでも、川を眺めながらドリンクやスナックを楽しむことができます。

コロニアル・デル・サクラメント「CHARCO HOTEL」

③ El Drugstore

「Charco bistró」でディナーができなかったので、「El Drugstore」というレストランで夕食に。こちらもとてもレビューの良いレストランです。
El Drugstore の地図

コロニアル・デル・サクラメントのレストラン「El Drugstore」

El Drugstore の向かいは、サクラメント教会というカトリック教会があって、賑やかな通りに面しています。レストランは一日中混んでいるようでした。
教会の地図

コロニアル・デル・サクラメントのサクラメント教会

外の席もいいなと思ったのですが、夕方は海風で肌寒かったので店内の席へ。

コロニアル・デル・サクラメントのレストラン「El Drugstore」

とってもカラフルな店内 🌈🌈🌈

コロニアル・デル・サクラメントのレストラン「El Drugstore」

私たちのテーブル ♥

コロニアル・デル・サクラメントのレストラン「El Drugstore」

まずはウルグアイビール「Patricia」で乾杯 ♪ ウルグアイワインのセレクションもありました。

ウルグアイのビール「Patricia」

メニューはスペイン語と英語。日本食もありました。鉄板焼き、ごーはん、親子丼ぶり。

コロニアル・デル・サクラメントのレストラン「El Drugstore」

本日のディナー ♪

コロニアル・デル・サクラメントのレストラン「El Drugstore」

Cheese Croquettes。チーズが詰まったポテトコロッケです。

コロニアル・デル・サクラメントのレストラン「El Drugstore」

Dish of fish and selfish with rice。魚介とライス。

コロニアル・デル・サクラメントのレストラン「El Drugstore」

5. おわりに

今回の記事では、ウルグアイの観光地「コロニア・デル・サクラメント」の街について書いてみました。

カフェで休憩しながら博物館やショップを巡ったり、ビーチでのんびりしたり、小旅行にはぴったりのかわいい街でした。

こちらのサイトは、コロニア・デル・サクラメントの遺跡や博物館が詳しく説明してありました。
OTOA のサイト

次回の記事では、コロニアル風のお洒落な宿を紹介してみようと思います。お楽しみに☆


【c】【公式】トリップアドバイザー

【トリップアドバイザーの観光情報】