【ドイツ】ライン川クルーズ☆遊覧船での~んびり古城巡り♪

世界遺産のライン渓谷を遊覧船で巡る、ライン川クルーズ。古城から撮影。

ドイツを流れるライン川の中流は、美しい渓谷に、たくさんの古城や中世の街並みを見ることができる絶景で知られています。世界遺産にも登録されていて、遊覧船で街や古城を巡る「ライン川クルーズ」が大人気のアクティビティーです。

私たちも今回のドイツ旅行で、ライン川クルーズに参加してみたので、船内の様子をシェアしたいと思います。


1. ライン川クルーズのルート

日帰りで参加できるライン川クルーズは、「KD Rhine」という会社が運航を行っています。
KD Rhine のホームページ

ライン川クルーズを運航する「KD Rhine」の船着き場。リューデスハイム。

「マインツ (Mainz)」から「ケルン (Cologne)」までの185キロの区間を運航していて、途中小さな街々に泊まります。

ライン川沿いには、数々の古城や、中世風の小さな街が残っていて、船内から美しい風景を楽しむことができます。

下のマップは、当日「KD Rhine」のチケット売り場で購入したもの。日本語版が売ってました。4ユーロだったかな。ライン川沿いの古城や街の説明が書いてあります。

ライン川クルーズの古城マップ
ライン川沿いの古城マップ

「猫城」とか「ネズミ城」とか、おもしろい名前のお城もあります。しかも、それぞれのお城や街に、歴史や伝説が説明してあっておもしろいです。

人気の区間( Rüdesheim⇒St. Goar )

「マインツ (Mainz)」から「ケルン (Cologne)」 までの全区間乗っていると4~5時間かかり、さすがに飽きてしまう人も。

古城が密集していて見どころの多い「リューデスハイム (Rüdesheim )」から「ザンクトゴアール ( St. Goar )」の区間を2時間前後で楽しむ方が多いようです。
■ 区間と時刻表→ KD Rhine の時刻表

*ピンにカーソルを当てると地名が表示されます。

ちなみに、「マインツが上流ケルンが下流」です。クルーズ船は両方向に運航していますが、川を上る便に乗ると2倍近く時間がかかるみたいので、方向にはご注意ください。

ライン川クルーズの乗り方や、チケット購入方法などがとても詳しく書いてあるウェブサイトがありましたので、紹介しておきます。
Amazing TRIPさんのページ

2. クルーズの様子

私たちは 「ザンクトゴアール ( St. Goar )」にあるホテルに宿泊していましたが、列車で 「リューデスハイム (Rüdesheim )」 まで移動して遊覧船に乗船。2時間くらいかけて川下りをし、「ザンクトゴアール」まで戻ってきました。

リューデスハイムから乗船
Rüdesheim

リューデスハイムのにある「KD Rhine」の船着き場でチケットを購入しました。
船着き場・チケット売り場地図

リューデスハイムのライン川クルーズのチケット売り場
リューデスハイムのライン川クルーズ船着き場

事前に予約もできるようですが、私たちは当日現地でチケットを購入。特に問題なく乗れました。

リューデスハイムで乗船した時は、空席がたくさんありましたが、途中で止まる街でもお客さんが乗ってきます。ザンクトゴアールに到着するころには、船はお客さんでいっぱいになっていました。

私が参加したのは6月上旬でまだ肌寒かったので、夏場はもっとお客さんが多いかもしれませんね。心配な方は、事前に予約するのが無難かもしれません。

遊覧船が到着し、いよいよ乗船。

ライン川クルーズを運航する「KD Rhine」の船着き場。リューデスハイム。
ライン川クルーズを運航する「KD Rhine」の船着き場。リューデスハイム。

リューデスハイムを出航です。

ドイツのライン川クルーズ。リューデスハイムを出航。

船内の様子

席は指定席ではなく、好きなところに座れました。

1階には室内席とレストラン、2階は屋外の展望デッキになっていました。少し寒かったので、まずは室内の席に座ることに。

ドイツのライン川クルーズ。遊覧船の様子。
ドイツのライン川クルーズ。船内の様子。

「花より団子~」ということで、まずはケーキと紅茶で一服。ケーキうまっ♪

ドイツのライン川クルーズ。遊覧船の軽食。ケーキと紅茶。
ドイツのライン川クルーズ。遊覧船のスナック。アップルケーキ。

窓の外には、次々とお城や街が現れます。

ドイツ、ライン川クルーズの古城
ドイツ、ライン川クルーズの古城

途中から、2階の展望デッキに移動してみました。2階には売店があります。

ライン川クルーズの遊覧船。2階、屋外の展望デッキ。

椅子は山のように積んであったので、座れなくなることはなさそうでしたが、川沿いの席を確保したければ、早めに座っておいた方がよさそうです。

ライン川クルーズの遊覧船。2階、屋外の展望デッキ。

途中でいろいろな街に寄るんですけど、こちらは「バッハラッハ (Bacharach)」の街。

ドイツ・ライン川クルーズ。バッハラッハの船着き場の桟橋。。
バッハラッハの船着き場

こちらは、「 オーバーヴェーセル (Oberwesel)」の街。丘の上の古城は、人気の古城ホテル「 ブルクホテル・アウフ・シェーンブルク (Burghotel auf Schönburg)」です。

ドイツ・ライン川クルーズ。オーバーヴェーゼルの船着き場。
オーバーヴェーセル の船着き場
ドイツ・ライン川クルーズ。オーバーヴェーゼルの街と古城「ホテル ブルク アウフ シェーンブルク」
オーバーヴェーセルの街と古城

ライン川は両岸に鉄道が走っています。

ドイツ・ライン川クルーズ。ライン川沿いを走る列車。

まもなく「ローレライ岩」に差し掛かかるところ。ここは、ライン川でも特に川幅が狭く、水の流れも速くなる場所。

ドイツ旅行・ライン川クルーズ。ローレライの岩に近づく。
まもなくローレライ

昔はこの付近で船の事故が多かったことから、「この岩に宿る美しい乙女の精が、船人たちを誘惑して船を沈めてしまう」という伝説が残っているんです。

お願いだから今日は沈めないでね~。

ドイツ旅行・ライン川クルーズ。ローレライの岩。
ローレライの岩

ザンクトゴアールで下船
St. Goar

そろそろ、ザンクトゴアールの街に近づいてきました。2時間くらいクルーズしたかな。この街に宿泊しているので、ここで下船します。

ドイツ・ライン川クルーズ。ザンクトゴアールの街に近づく。
ザンクトゴアールの街
ドイツ・ライン川クルーズ。ザンクトゴアールの船着き場で下船。
ザンクトゴアールの船着き場

ザンクトゴアールの街は、カフェやレストラン、お土産屋さんなどが立ち並び、クルーズの観光客で賑わっています。

ドイツ・ザンクトゴアールの街。ライン川クルーズの観光客で賑わう。
ドイツ・ザンクトゴアールの街。カフェやレストラン、お土産屋さんが並ぶ。

それから、この街の丘の上に、人気の古城ホテルがあります。今回はこの古城ホテルに宿泊してみたので、あとからそのレポートも書いてみたいと思います。

ザンクトゴアールの街から、30分に1本シャトルが出ていて、古城の見学だけもできます。

レンタカーで古城めぐり。古城からのライン渓谷の眺め。
ドイツ・ライン渓谷の古城ホテル、ロマンティック・ホテル・シュロス・ラインフェルス( Romantik Hotel Schloss Rheinfels)のレトロカー

レストランからの眺めも絶景なので、立ち寄ってお茶してみるだけでも楽しいかと思います。

ドイツの古城ホテル、ロマンティック・ホテル・シュロス・ラインフェルス( Romantik Hotel Schloss Rheinfels)の絶景レストラン。テラス席からのライン川の眺めが素晴らしい。
ドイツの古城ホテル、ロマンティック・ホテル・シュロス・ラインフェルス( Romantik Hotel Schloss Rheinfels)のレストラン。ライン渓谷の眺めは絶景。

3. おわりに

今回は、ドイツのライン川クルーズについて書いてみました。

もう少し時間があったら、いろんな街で船を降りて、街や古城をじっくり観光したり、宿泊したりしてみたかったなと思います。

次回の記事では、ライン川周辺の鉄道やフェリーなどの公共交通機関の情報をシェアしてみようと思います。お楽しみに☆