【ロンドン】伝統的な英国料理を堪能☆ロンドン最古のレストラン『ルールズ (Rules)』

「イギリス料理はマズイ」というのを聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

確かに、フランスやイタリアなどの美食の国に比べると、イギリスの食文化は地味な気はしますが、幸いにも、私がこれまでイギリスで食べたものは、美味しいものばかりです♪

特にロンドンは、世界中から様々な料理が集まっているので、美味しいレストランがたくさんあるように思うんですが....。旅行者って、レビューの良いレストランを選んで行くので、現地に住んでいる方は違う感想をお持ちなのかもしれませんね。

今回は、ロンドン最古のレストランを紹介してみようと思います。伝統的なイギリス料理が楽しめる素敵なお店です。


ロンドン最古のレストラン

Rules (ルールズ)」は、1798年創業のロンドン最古のレストラン。著名人も多く来店しているそうで、レビューもとても良いお店です。
ホームページ
地図
トリップアドバイザーのレビュー

ロンドン最古のレストラン「Rules (ルールズ)」

お店を入ると、中はこんな感じ。入り口でコートや不要な荷物は預かってくれます。

ロンドン最古のレストラン「Rules (ルールズ)」
お店の入り口

店内はアンティークな家具や絵画がいっぱいで、骨董品屋さんにでも来たみたい☆

ロンドン最古のレストラン「Rules (ルールズ)」

伝統的な英国料理

Rules のメニューには、イギリスの伝統的なお料理が並んでいます。メニューは、ホームページであらかじめ見ることができます。

ビーフやチキンの他に、ウサギ、鹿、アヒル、羊、ライチョウ??など、狩猟肉料理もお得意なのだとか。独自で狩猟場も所有しているそうで、自慢の食材で伝統的な英国料理を提供されています。

私たちの食事が運ばれてきました。飲み物は、私は赤ワイン、友人は「The Rules Royale」というカクテルを注文。2人ともメインは、パイにしました。

ロンドン最古のレストラン「Rules (ルールズ)」

私のは、Steak and Kidney Pie (ステーキ・アンド・キドニー・パイ)。パイ生地に、牛肉・腎臓・玉ねぎなどを詰めて焼いたもの。イギリスの代表的な伝統料理なんだそうです。

ロンドン「Rules (ルールズ)」のステーキ・アンド・キドニー・パイ。
Steak and Kidney Pie

普段食べるパイって、デザートで食べる甘いものが多いですが、お肉入りのパイもすごく美味しいです。

友人が注文したのは、Chicken, Leek & Mushroom Pie (チキン・西洋ネギ・マッシュルームのパイ)。こちらも美味しそうでした ♪

ロンドン「Rules (ルールズ)」のチキンパイ

デザートは、Rules Sticky Toffee Pudding (スティッキー・トフィー・プディング) 。

ロンドン最古のレストラン「Rules (ルールズ)」
Rules Sticky Toffee Pudding

デーツ(ナツメヤシ)の蒸しケーキに、トーフィーソースをかけたもの。イギリスの代表的なスイーツなのだそうです。アイスクリームやバニラクリームといただくことが多いのだとか。

おわりに

今回は、伝統的なイギリス料理が楽しめるロンドン最古のレストラン「Rules」を紹介してみました。

一見高級チックなお店ですが、店員さんは冗談を言ったりして、すごくフレンドリー。気取っていない感じがとても気に入りました。イギリス料理の説明や、注文する際のアドバイスも快くしてくれて、親切でした。

ドレスコードは、スマートカジュアル・ビジネスカジュアル。ジャケットやネクタイは必要ないようです。短パンやスニーカーはやめたほうがいいと思いますが、若干キレイめの服装で行けば大丈夫だと思います。スーツ姿の男性も多かったので、ドレスアップしても浮かない感じです。

ランチタイムはファミリー歓迎。夜7時以降は、大人のみだそうです。ガイドブックには「要予約」と書いてありました。ホームページから予約できます。

ホームページのギャラリーでは、お料理の写真や動画も紹介してあるので、興味のある方は参考になればと思います☆
Rules ホームページ
地図